ここは昔の谷間のようで

こんなに脆くなったのを
今は誰にも話せない
小雨の朝は闇をうすめて
忍びやかに来る白い影

.
若かりし頃は無敵だったなーと思う。
どこにでも飛び出して行っては
大失敗して右往左往していた。
.
一方で、
飛び出して行かざるを得なかった、
とも思う。
だって、今のように事前に調べることなど
できなかったもの。
.
今は飛び出す前に
Google先生に聞けば、
ある程度のことはわかる。
事前に調べさえすれば、
びっくりするような大失敗はしない時代。
.
それゆえ、
事前になんでも調べるし
失敗したくないし
失敗したときの後悔も大きくなった。
.
それも、よしあし。
.
致命的ではない範囲で
たとえば、ランチのお店を食べログではなく
直感で選んでみる、とかで
小さな冒険を試みています。
.
.

最近冒険しましたか?

(ノートや手帳の端で構いません
ひとこと書き留めておきましょう)

***
.
白い朝まで
作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
.
『紅雀』 1978/3/5
.
***