いくつ人影見送っただろう

雨はときに
そのスクリーンに幻を見せる。
.
それは心模様が雨に反射しただけなのだけど。
.
雨音、湿度、そして無数に落ちていく雨粒が
傘の下を小さな映画館にする。
.
.
そして少しだけ、現実を
よりドラマティックに演出したりする。
.

新しい誰かのために
わたしなど 想い出さないで
声にさえもならなかった あのひと言を
季節は運んでく 時の彼方

.
.

雨の中、会えない誰かの姿を探した経験はありますか?

(ノートや手帳の端で構いません
ひとこと書き留めておきましょう)

***
.
雨のステイション
作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
.
『COBALT HOUR』 1975/6/20
.
***